KORN【The Nothing】レビュー

Pocket

ニューメタルの帝王、Kornの新作です。初期のアルバムでイメージが止まっていましたが、これが13作目と大物バンドらしからぬハイペースでアルバムをリリースしているんですね。
正直あまりチェックしていませんでしたが、ジャケットが気になって聴いてみたところかなりヒットしました。若い頃はニューメタルに良い印象がなかったのですが、年を食ってから聴くと、懐かしさとともに嫌ってた理由も忘れてしまいました(笑)
Kornらしいヘヴィさ、ヒステリックさ、実験的要素も見える良作です。

1.The End Begins
ジョナサンお得意のバグパイプから始まるオープニング小曲です。これまたお得意の泣きそうな声も収録。

2.Cold
最近はデス声気味のボーカルもいれるんですね。のっけからKornの世界に浸れるヘヴィさが気持ち良いです。また、音と音の隙間がちょうどいい感じ。ボーカルがちょっとマンソンぽいかも。

3.You’ll Never Find Me
イントロのギターが初期っぽくて、彼ららしい。穏やかパートと激しいパートの対比がダイナミクスを生んでます。インストパートはメタルらしさ満点。

4.The Darkness Is Revealing
ヘドバン必至の轟音イントロ。ラップも入ってきて、ニューメタルってこういう音楽だったなと思い起こされます。元祖にして高いクオリティを保っていることに感動。

5.Ideosyncrasy
これまたヘヴィな曲。グロウルや泣きそうな声もありで、色々な顔を見せてくれます。サビで裏打ちになるドラムがええ感じ。裏打ちと縦ノリも彼ららしさかな。

6.The Seduction of Indulgence
不穏な小曲

7.Finally Free
トリップしそうなメロディに、白玉音符のギターが効果的です。なんとなく捻ってる感のある曲。

8.Can You Hear Me
バラードではないけど、ゆったりした歌が主体の曲。ジョナサンは普通に歌っても上手いんだよね。溢れ出る存在感がトップバンドのボーカルらしい。

9.The Ringmaster
Kornといえば7弦ギターの超ヘヴィリフですが、この曲は一番それを感じました。間奏がヒップホップなリズムで、ミクスチャーだね。

10.Gravity of Discomfort
ダンダダダンダのドラムからヘヴィ曲。その後の鼻声みたいなギターがKornらしい。ベースもゴリゴリ。サビはキャッチーでカッコいい。

11.H@rd3r
ノイズ的なギターとキーボードスタートヘヴィな曲ばっかだけど、この曲は正にKorn印のミクスチャーっぽいヘヴィさ。畳み掛けるH@rd3rのフレーズ印象的。

12.This Loss
普遍的メタルなヘヴィリフ。 間奏のキーボードと歌がタイトル通りの喪失感を感じさせる、悲壮なメロディが胸にキます。ラップパートはセパルチュラぽいかな。

13.Surrender To Failure
浮遊感あるパーカッションと歌。ドラムが合流してバンドサウンドになるかと思いきやギターなしで、ジョナサンの歌が際立つエンディングです。