GALNERYUS【INTO THE PURGATORY】レビュー

Pocket

日本一テクニカルなメタルバンド、GALNERYUSの12枚目の作品。前2作はどちらもストーリーのあるコンセプトアルバムでしたが、今作は久しぶり通常のアルバム。全曲キラーチューンを目指したとの言葉通り、気合の入った作品です。
メロディックスピードメタル、パワーメタルは中々変化をつけにくいジャンルですが、7弦を久しぶりに使用したり、小野さんが新しいスタイルの歌い方をしたりと、挑戦することも忘れていません。

1.PURGATORIAL FLAME
長めのイントロ。プログレッシブな一面をもつ彼ららしい、テクニカルさを最初から発揮。

2.MY HOPE IS GONE
のっけからクサイメロディ全開で、ちょっとYAMA B時代を思い出しました。テクニカルなメロスピナンバーですが、小野さんの歌が乗るとメジャー感が出ますね。

3.FIGHTING OF ETERNITY
続けてスピードチューン。キーボードのYUHKIさん作曲ということで、キーボードが目立ちます。Stratovariusでイエンスヨハンソンが作った曲がこんな感じだったなと思いました。
 4.GLORY
ヘヴィなギターリフからメロディ弾きで始まり、歌が始まるとキーボードにクリーンギターだけのパートとなり、そこからバンドが合流することで静と動のダイナミクスが激しいです。サビもリズムやフレーズのまとまりが珍しい感じで、ソロもリズムが面白いことになってます。

5.NEVER AGAIN
テクニカルだけどギターロックなリフ。歌のパートは比較的シンプルに演者の魅力を出していますが、間奏は長めでやはりテクニカル。終盤はGALNERYUSらしい壮大さも。

6.THE FOLLOWERS
7弦ギターのリフからスタート。ドリムシのイメージがあるからか、プログレッシブに聴こえるなあ。小野さんがオペラチックな歌唱や、いつもより荒っぽいシャウトを披露していて、チャレンジングな曲。MVにこの曲を選ぶことで、今までと違う一面のアピールになってます。

7.COME BACK TO ME AGAIN
ギターが目立つ曲で、歌メロがクサくもキャッチー。今までのGALNERYUSならシングルにはこの辺を選んでたかな。何だかんだ各パート忙しいテクニカル曲。

8.REMAIN BEHIND
泣きのバラード。泣きのギターも披露されてますが、やっぱりこの曲は小野さんの独壇場。紅白歌手の実力恐るべし!

9.THE END OF THE LINE
前作までアルバムの締めは10分超えの組曲が続いてました。こんかいは10分は超えませんでしたが、それでも長めでスケールの大きさを感じる曲。安定のザ・GALNERYUSな楽曲です。サビはかなり力強いボーカル。いつものことですが、間奏はプログレッシブ度高めでテクニカル。マイナー調だけでない、希望も感じさせてくれるようなギターメロで締め。

10.ROAMING IN MY MEMORY
オープニングと対を成すエンディング。このままアルバムの頭に戻ってもう一周したくなります(笑)